落ち込んでいるカレを励ますには

EC129_L

安っぽい言葉より、見守ってくれる優しさ
幼稚園の先生や保母さんは、泣いている子供に「どうしたの?」って聞いちゃいけないっていうよね。なぜなら、その子供に「泣いている理由」を思い出させてしまうからだそう。
その子供と同じで、落ち込んでいるオトコに「どうしたの?」なんて聞いたら、
「オレのこと、心配してくれてるのか」どころか、「放っておいてくれよ」って思われてしまうのが、オチ。
オトコってプライドが高いでしよ?自分が落ち込んでいることを、他人にバレること自体、気持ちのいいもんじゃないんだよ。
だからといって、放っておくわけにもいかない。そういう場合どうしたらいいのか?その答えは「見守る優しさ」をもつことなんだ。
たとえば、さりげなく明るい話題をふって、カレを笑わせてあげるとか、そっと一杯のお茶を差し出すとか。そのときに大切なのは、
「落ち込んでいる理由についてはいっさいふれない」こと。
基本的に、オトコって「母性本能」に弱い生き物。だからこそ、落ち込んでいるときは、こういうさりげない優しさにグッとくる。
なにより「何も聞かないでいてくれた」ということを、カレはとてもありがたく思うはず。
女の子って、落ち込んでいるオトコに向かって「どうしたの?」とか「大丈夫?」とか、さらには「元気出して!」なんて言いがちだよね。
でも、オトコからしてみたら、それこそ「ただのおせっかい」でしかない。そういうオトコ心を理解してあげなきゃダメだよ。
それと、「自分がモテないのを、自分のビジュアルのせいにするオンナ」って多いでしよ?

出会いの数が、多くても嫌われちゃ意味がない。イイ女になってから素敵な出会いを探しましょう。

参考:

落ち込んでいるカレを励ますには はコメントを受け付けていません。

Filed under 出会い

Comments are closed.